バストアップしたいけどプエラリアは大丈夫?副作用はあるの?

バストアップするならプエラリアと一躍注目を集めた成分があることはご存知ですか?

ただその後、効果とは逆に副作用に関してもかなり話題に上がりました。もちろんそのプエラリアの成分を摂取した人すべてに副作用が出たわけではありません。

バストアップとしての期待通りの効果を得た人が多い中で、不調を訴える人が少なからずあり問題となったわけです。

疑問に思った女性がインターネットで調べている

その成分自体に原因があるのか、飲む人の体調や飲み方に原因があるのか。バストアップ サプリはあなたの大切なカラダに入るものですから、その内容をしっかり知って、不安がない状態で摂りたいものですよね。

そこでプエラリアについて少し詳しく解説していきますので、理解して納得した上でサプリメント選びの参考にしてくださいね。

そもそもプエラリアとは、どんな成分なのか?

正式な名称はプエラリア・ミリフィカです。タイやミャンマーの国境付近で取れる食物(マメ科・クズ属)で、希少性も高いものです。現地でも「美と健康の作物」として歴史があります。

このプエラリアには、女性ホルモンに似たたくさんの植物性エストロゲンが含まれています。それがバストアップに効果があったり更年期症状の緩和に役立ったりすると言われています。

いろいろな国のプエラリアが出回っていますが、プエラリアの安全性や品質は原産国のタイが良いです。

そしてサプリの製造にはプエラリア・ミリフィカの根を使うのですが、その根の中心にいくほど質が良いとされています。

根の中心ではない部分を使っているサプリもあり、同じプエラリア配合でもグレードに差があるのです。心配ならタイのメディカルハーブ協会は品質の良いものに「AAA」の認定証を発行しているので、その表示があるものを選ぶと良いでしょう。

プエラリアに期待される3つの効果

1.胸が大きく

プエラリアには植物性エストロゲンという成分が含まれ、これが女性ホルモンのエストロゲンと似ており、女性らしいカラダをつくるのに力を発揮します。

もうひとつ、プエラリンという成分も含まれ、これにはイソフラボンが大豆の40倍あるとのことで、それが女性ホルモンの働きをサポートします。

2.更年期に

更年期症状とは、ホルモンバランスの崩れから起きる不調ですがプエラリアがこの症状を緩和・改善するのに役立つと考えられています。

3.美肌

植物性エストロゲンの働きで滑らかな美肌づくりに役立つと考えられています。お肌が健康スベスベになったとか、髪がツヤツヤになったなどの感想もよく耳にします。

– – –

ここまで聞くと素晴らしい成分だと思いますよね。そんなにいいものなら一度飲んでみようと。

ただ飲み方やその人の体質などによって副作用の症状がでることがあります。安易に摂取しては健康に良くないかもしれません。

その副作用にはどんな反応があるのでしょうか?

プエラリアにはどんな副作用があるのか?

※「副作用」とは本来「医薬品」に対して使う言葉なので、サプリメント(健康補助食品)には本当は副作用とは言わないのですが、ここではあえて「副作用」と表現させていただいています。

プエラリアで起こりうる可能性のある副作用はおおよそ以下のとおりです。

  • 生理不順・不正出血
  • 頭痛
  • 腹痛・吐き気
  • むくみ

これらが起こる原因の1つが次のこれです。

・過剰摂取してしまった。

サプリにはその商品の適正量が記されていますから、それを守るのは大事です。

1回飲み忘れたから次にまとめ飲みをしたり、胸を早く大きくしたくて適正量を超えてしまうのも副作用のリスクは高まるのです。心配なら適正量の半分とか少量ずつ試すとよいでしょう。

・生理周期のタイミングで副作用が出やすい時期に飲んだ。

サプリメント商品によって、生理周期の卵胞期・黄体期のいずれかの時期で飲んだ方が良いものがあり、それも商品の説明をよく理解して摂取しましょう。

万能なサプリメントはないということですね。

副作用の可能性と聞くと、どちらかと言えば飲みたくはないかなと思ってしまうかもしれませんね。

その次の疑問は「プエラリアのほかにはバストアップに効果のある成分はないの?」ですよね。それをこれからお伝えします。

プエラリアの代わりになるものは?

1.イソフラボン

マメ科の植物に多く含まれます。大豆イソフラボンがよく知られています。女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれます。エストロゲンはバストの乳腺を増やす働きがあり、乳腺が増えて発達した結果、そのまわりの脂肪細胞が増えて胸が大きくなるということです。イソフラボンを含むのは、納豆・豆乳・豆腐などの食品です。

2.ブラックコホシュ

これもエストロゲンに似た働きがあり、イソフラボン同様、乳腺に刺激を与えバストアップ効果が期待できます。花から採れる美容ハーブのひとつで近年人気が高まってきています。

3.ワイルドヤム

ヤマイモの一種で、アメリカや中国で採れるとのこと。ワイルドヤムにはバストアップと美容に良いジオスゲニン・サポニンの成分が含まれています。

4.チェストベリー

女性ホルモンの分泌量を増やすというよりは、調整してくれる働きがあります。バストアップに直接関わるのではなく、ホルモンバランスが崩れないように保ってくれる作用があるということです。

プエラリア以外にもバストアップに役立つ成分は複数あるのですね。プエラリアだけに固執しなくてもよいというわけです。

また、バストアップ効果が期待できる成分で、サプリメントではなく乳房に塗るクリームとして注目のものがあります。その成分の名は「ボルフィリン」といいます。ボルフィリンのことも知っておいて損はないですよ。

サプリでなければクリームで

ボリフィリンはユリ科の植物からとれる成分で、脂肪を増やす働きがあります。そしてこの成分は飲んだり食べたりはしないで、クリームとして塗った肌にダイレクトで効果が期待できるものです。

胸に直接塗り、外側からの成分で胸の脂肪増加を促し、バストアップを可能にしていきます。ボルフィリン配合のバストアップクリームは大きな話題商品です。またボルフィリンはホルモンに作用する成分ではなく副作用の報告はないようですよ。

クリームを手に取る女性

そしてサプリとしての副作用の可能性があるプエラリアですが、この成分が入ったクリームを肌に塗る分にはサプリよりは安全性が高いと言われています。

ただクリームにおいても、プエラリアのはっきりとした安全性は確認されていません。いろいろな情報を収集しただけでは「これなら大丈夫」とはいかないですね。

プエラリアがバストアップにすごく効果的であったとしても、それが絶対に必要なわけではありません。

あなたがバストアップを願ったときに、役立つもののひとつであるということです。うまく活用できるなら活用するというくらいの意識がよいかもしれませんね。

どんなサプリも完ぺきではありません

今回は、プエラリアの副作用についてを中心にお伝えしました。あなたの中のギモン点・不明点が少しクリアーになってきましたか?

いろいろな情報が溢れる中で、サプリメントに関してはやはり「飲んでみなければわからない。」ですね。すべての人に大丈夫だという事前の実験も不可能ですから、「100%絶対安全」という保証はないわけです。

ただ薬と違いサプリは食品ですから、過剰摂取さえしなければ本来はそこまで恐れるものではありません。

プエラリアに限らずサプリなど体内に入れるものは、適量を守りつつ自分でカラダの反応をみながらが良いでしょう。

そして世の中にはバストアップに効果が期待できる方法は、ほかにもたくさんあります。サプリやクリーム以外でも、マッサージ・トレーニング・生活習慣等々。

そのなかであなたに合う方法を、できたら複数試してみてください。サプリだけを飲んで胸がボンッと膨らんでくるとは限りませんからね。

しかし、なにより大切なのはバストアップよりもあなたの健康です。あなたの健康は最後はあなたにしか管理できませんからね。

あなたが健康で、日々快適で、そしてより美しくなりますように、サプリメントをうまく選んで活用してくださいね。

関連記事一覧

テキストのコピーはできません。