胸を大きくしたいとき、あなたは何から始めますか?

胸を大きくしたい!と思ったときに何から始めたら良いのでしょうか?

世の中に「胸を大きくする」情報が沢山ありすぎて、何が自分に出来て、何が自分に合っているのか迷ってしまいますよね。

胸を大きくしようと思ったら、毎日コツコツと続けることが効果を上げるために最も大事です。それもせっかくきれいになるために行うのですから、楽しい気持ちで取り組みたいですよね。だから無理せず、あなたの性格やライフスタイルに合ったものを選んでください。

とりあえず手軽にできるもの、お金はかからないもの、バストアップを確実にしたい人向け、時間とお金がかけられる人向けなどをお伝えします。

大きい胸を意識して姿勢をキープ

いろいろな胸のケアをしても、悪い姿勢の人は胸が垂れてきてしいます。多くの場合は猫背ですね。長時間座ることが多い人は、特に猫背になりやすいので気づいたら姿勢を直しましょう。

そして直した時に「胸が大きくなった」イメージをし、姿勢を維持するというより大きくなった胸を維持するつもりでいましょう。

美しいバストのために何から始めたら良いか分からない方も、まずは姿勢に注意するのはとても大事です。

ウォーキング不足は要注意

ウォーキングは胸を大きくするのにはとても効果的です。

逆に歩くことがとても少ない人は要注意!胸が垂れてしまうのは、歩行の不足が原因かもしれません。

ウォーキングを楽しむ女性

歩くことで体温の上昇(冷えの改善)、血流の改善、バストへの栄養供給が大いに期待できます。10分位から日々コツコツと始めても、きっとその効果を感じられます。

姿勢を良くし腕を振りますが、特に腕は後ろに大きめに振るのがポイントです。自然に胸が上向きになり良い姿勢も保ちやすいです。ウォーキングでしたらお金もかからず、気軽に出来そうですね。

入浴でバストアップ

お風呂でのんびり湯船につかるだけでもバストアップに効果ありです。

一日の中でとてもリラックスしやすい時間ですし、自律神経の働きも良くなり女性ホルモンの分泌も促されます。温熱・水圧・浮力の作用もバストアップにはとても効果的です。

シャワーだけで済ませがちな方は、湯船に浸かることが少しづつでも増えるとバストアップ効果が上がります。入浴中は、いっそうきれいになった自分をイメージしてみましょう。

それだけでも理想のバストになるように細胞が反応してきます。入浴をバストアップに向かうしあわせの時間にしましょう。

ブラジャーの位置を直してバストのボリュームアップ

ブラジャーは動く度にずれてしまうのでバストアップのためにはこまめに直す必要があります。

案外億劫に思う人もいるかもしれませんが、トイレに立つたびに直す位の頻度が良いかもしれません。

そしてストラップの位置も調整し、出来たら鏡で胸周りの形と姿勢をチェックしましょう。これも胸の大きさや位置のキープには大事です。

自分のバストを鏡でしっかり見ることが習慣になるだけでも、内面の美意識が高まってきます。

呼吸も胸には影響するんです

一般的に「腹式呼吸」というのが馴染みがあるかもしれませんが、胸の大きさには「胸式呼吸」も重要です。

猫背の人の場合、背中が丸まって肋骨が前につぶれてしまう形になります。こうなると肺もつぶれ気味になって息が十分に吸えなくなります。そこで行うと良いのが胸式呼吸です。

腹式呼吸はお腹を膨らませたり引込めたりしますが、胸式呼吸は胸(肋骨)を膨らませるようにするのです。これによってつぶれた肋骨が膨らんで形が回復します。

腹式呼吸にはリラックス効果があり、これもホルモンバランスに良いですし、胸式呼吸はきれいなバスト周りの形を造るのに大事です。

これら両方の呼吸を実践をおすすめします。(夜眠る前の胸式呼吸は眠りにくくなる場合があります。眠る前は腹式呼吸をおすすめします)

呼吸でのトレーニングなら簡単にトライ出来そうですよね。

トレーニングとストレッチで垂れない胸を

胸を支えている筋肉である大胸筋を鍛えることで、バストアップにつながります。

大胸筋が弱くなってくると、胸の血流低下を招き十分な栄養がいかなくなり、胸の位置を維持しにくくなります。大胸筋の代表的なトレーニングは腕立て伏せがあります。

また、鍛えるだけだと筋肉はどんどん硬くなっていきます。その分大胸筋をストレッチして柔軟性も維持しましょう。トレーニングが好きな方にはあまり苦にならず続けられそうですね。

肩甲骨を動かしてバストアップ

猫背姿勢が続くと背中の肩甲骨周りの筋肉が硬くなリやすいです。肩甲骨をよく動くようにしておくこともバストアップに繋がります。

ストレッチする女性

ですから、腕と肩甲骨を一緒に動かしたり肩甲骨を拡げたり寄せたりの動きを行って、肩甲骨周りが柔軟に動くようにしておきましょう。

バストアップというとどうしてもまず胸のことばかりを考えがちですが、背中側も大事です。実は人間の身体は表と裏のバランスがとても重要で、表を胸としたら、その裏は背中の肩甲骨周り。

この表と裏が快適に動くことで姿勢がよくなり、結果バストアップにつながります。

日々のマッサージで胸を膨らませる

確実にバストを大きくしたい方は、やはりバストマッサージは必須です。1週間に1回集中して行うより、1日に5~10分でもいいので、なるべく毎日継続して行いましょう。

女性にとってバストは美しさの点でとても重要な部分です。日々そのハリや弾力を気にかけて、やさしく細やかにマッサージしましょう。

バストがますますきれいになるという思いがホルモンバランスを整えます。美しくなっていくという喜びの気持ちを感じながら行うと、さらにマッサージ効果を上げます。

胸を大きくする食べ物を選ぶ

身体を作っているのは食べ物ですから、胸を大きくするのに効果的な以下の食品を積極的に摂取しましょう。

  • 大豆たんぱく質(女性ホルモンと似た働きのイソフラボンを含んでいる)
  • 高たんぱく質(筋肉を作る赤身肉や魚)
  • 代謝を良くする酵素(くだもの・生野菜)
  • 身体を温めて血流アップのもの(ねぎ・生姜・根菜)

サプリメントを活用する

食品ではなかなかバストアップに関係する栄養が摂れないという方は、サプリメントを活用する方法もあります。

国内で販売されているバストアップのサプリメントは、その多くが女性ホルモンに働きかけるものだそうです。

現代女性はストレス等が原因でホルモンバランスを崩し、体調不良を訴える方が増えているとのことですから、そのトラブルに対してサプリの助けを借りる方人も増えています。

サプリメントは健康食品ですから、適量を長期間飲むことで変化を期待できます。食事が不規則だったり毎日のペースが乱れがちな方は、生活習慣のひとつとして取り入れると良いでしょう。

豊胸エステで確実に大きくしたい

自己流のケアではなかなか効果が出ないという方にはエステをおすすめします。

ただこういったエステが初めての方は「大丈夫かな・・・」と不安が湧きますよね。サロンによって特徴や違いがありますから事前に情報を調べることが大切です。

初回のトライアルやキャンペーン中の所もありますから、タイミングさえ合えば気軽に試すこともできますよ。

  • 回数や料金体系
  • 初回トライアルの有無
  • マシンのマッサージや超音波等の機械の種類の違い
  • オプションメニューの扱い(全て料金に込みか、別料金か)
  • どんな人がエステシャンをしているのか?

出来れば一度サロンに行って、細かい内容を相談・確認したり、サロンの雰囲気が良いかをみてから検討するのが良いでしょう。

通う時間とお金があれば、より短期的な効果を期待できます。

何から始める?それは楽しめるものから

さて今回は胸を大きくする方法を複数お伝えしました。

何から始めたら良いか分からない方も頭の中が整理出来て、同時にワクワクしてきましたか?

気軽に実行しやすいもの(気軽とはいえ、どれもとても大事です)。

  • 姿勢を意識する
  • ウォーキング
  • 入浴
  • ブラジャーを直す

エクササイズを取り入れられる方は以下を楽しくチャレンジして下さい。

  • 呼吸法
  • 胸のトレーニングとストレッチ
  • 肩甲骨を動かす

確実にバストアップしたい方・日々バストをケアするお時間がある方は必須です。

  • マッサージ

体内環境から変えることも重要です。

  • バストアップに効果的な食べ物を摂る
  • バストアップサプリメントを摂る

時間とお金があれば確実性と期間集中で効果を出したい。

  • 豊胸エステ

今まで胸のケアが習慣になっていなかった方は、まず一番出来そうなもの1つから始めてみて下さい。そして2つ3つと増やせたら、さらに効果を実感していけると思います。

胸を大きくするケアは、眉間にしわを寄せて、必死に無理してやるものではありません。楽しみながら気持ちにゆとりを持って継続してこそ「美」が手に入ります。

常にきれいになることをイメージして行い、あなたの胸の変化を楽しみにしましょう。

関連記事一覧

テキストのコピーはできません。