何がいい?あなたもできるバストアップ法

バストアップしたいのだけれど、何がいいか迷っていませんか?

世の中にはさまざまなバストアップ方法がありますが、ひとつだけやれば大丈夫というものはないでしょう。その理由は、胸が垂れてきてしまう原因はたくさんあるからです。

逆に言えば、そのたくさんの原因を改善できればバストアップが叶う日も近いと思いませんか?

どのように?

「では、さっそく実践しましょう」と言っても、やり方はいろいろで、それにかかる時間と費用もいろいろです。

あなたが「バストアップのためなら時間とお金はいくらてもいい」というなら何も問題はありません。でも必ずしもそうではないですよね。

そこで今回は、あなたの生活環境の中で実践できるバストアップ方法としては何がいいのか、何が可能なのかをお伝えします。

何がいい?バストアップ方法の選び方

あなたなら、どんなバストアップ方法だったら生活に取り入れられそうですか?

ひとつの基準として「お金」と「結果を得るまでの期間」で、その方法を分類してみます。

  • お金はかけたくないが、結果が出るまで長く続ける
  • お金はなるべくかけず、ある程度の期間はやる
  • お金は気にしないが、なるべく短期間に結果を出したい

これらのような分類をした場合、あなたはどのようにバストアップにお金と時間(期間)をかけていきたいでしょうか?

バストアップするには、ある程度の継続は必要ですし、費用が続かないものは無理ですよね。

まずはお金と期間を考慮して、取り組めそうな部分はどこか考えてみてください。

それではここから、各分類別のおすすめバストアップ方法を紹介します。

お金をかけずにバストアップするなら、何がいい?

バストアップにお金はかけたくない。時間がかかってもやるという人におすすめするバストアップ方法です。

無料ですから、胸が大きくなってきたと実感できるには、数か月かかるかもしれません。でも胸が垂れないためには今日から役立つ方法ですよ。

バストアップのためのエクササイズ

バストアップのためには、その土台にある大胸筋を鍛えることです。大胸筋を強化すると、以下のような効果があります。

  • 乳房を吊り上げているクーパー靭帯の手助けをし、バストが垂れるのを防ぐ。
  • 大胸筋が発達すると、その周囲の血流が増えて、バストに十分な栄養が行き渡るようになる。
  • 筋肉が十分に力を発揮して血流が増え、バストアップの大敵である冷えの改善につながる。

腕立て伏せなどがその代表的なエクササイズです。7~10回くらいを目標にし、1度やったら1~2日の間を空けるようにするほうが効果的に強くなります。

1回にかかる時間は数分ですが、大胸筋が強くなったと感じるのは1か月後くらいでしょう。バストアップの土台ができます。

バストアップマッサージ

バストアップのためのマッサージを日々行いましょう。バストアップマッサージをすると、以下のような効果が期待されます。

  • 乳房内の乳腺が刺激されて、乳腺の増加が乳房の脂肪を増やし、バストアップにつながります。
  • バスト周りのリンパの流れが良くなり、老廃物が流されて乳房の発達が促進されます。

乳房全体と、脇の下、そして鎖骨周りのマッサージを行いましょう。一回にかかる時間は5~15分くらいです。

一日の中にマッサージをする時間を決めてしまい、毎日やることが効果を上げるコツです。

呼吸法でバストアップ

バストアップのために呼吸法をマスターしましょう。呼吸法をマスターすると、以下のような効果が期待できます。

  • バストの土台である骨、肋骨の形が整ってきてバストアップが望める。
  • 肋骨周囲の筋肉が強化され、肋骨はゆがみにくくなり、バストの垂れ予防になる。
  • 血液循環が良くなり、冷えの解消になる。

やり方

  1. どちらかの手のひらをおへその下に当て、もう片方の手のひらを胸の真ん中に当てます。顔は10度くらい少し上に向けます。
  2. 息を吸って胸をふくらませます。胸に当てた手のひらで胸がふくらむのを感じてください。このときお腹は引っ込んでいます。
  3. 息を吐きながら胸はふくらんだ状態をキープして、お腹はより引っ込めます。2と3を繰り返します。

※「吸う」たびに胸がふくらんでいき、「吐く」たびにお腹が引っ込んでいくわけです。お腹も若干ふくらんでしまいますが、意識ではお腹を引っ込めるようにしましょう。

これを3~5回くらい、5秒で吸って3秒で吐くペースで行います。1回の所要時間は数分ですが、毎日行いましょう。

何がいい?お金が少しかかるが結果を早めたいなら、これ

バストアップには時間とお金は多少かかっても良い人におすすめのバストアップ方法です。

必要な栄養を摂ってバストアップ

バストアップに大事なことは、女性ホルモンが正常に分泌されることです。その分泌を助ける栄養素を含む食べ物を積極的に摂りましょう。

ジャンクフードやインスタント食品からはなかなか十分な栄養が摂れにくいでしょうから、バストアップには本当に何がいいのかを考えて少しお金をかけても良い食材を選ぶことです。

良質なタンパク質
女性ホルモンの材料はタンパク質です。肉、魚、たまご、大豆製品に豊富に含まれます。タンパク質によって卵巣細胞が作られ、女性ホルモンの分泌を安定させます。
ビタミンB6
ビタミンB6は女性ホルモンのエストロゲンの代謝を良くします。マグロ、カツオ、牛・鶏・豚のレバーなどに多く含まれます。
ビタミンE
ビタミンEは女性ホルモンの分泌を補助します。カボチャ、ブロッコリー、ホウレンソウ、ナッツ類、うなぎ、たらこなどに多く含まれます。

栄養価の高い食材を選ぶという点で多少の費用がかかりますが、バストアップを優先する人は食べ物も大事です。

食べ物に関しては、食べただけで胸が大きくなってくるわけではありませんが、栄養がなければ胸は育ちませんから、その点では重要です。

サプリを活用してバストアップ

バストアップのための栄養をとるための、食事メニューや調理がなかなかできない人には、バストアップサプリをおすすめします。

バストアップサプリはものによって差はありますが、おおよそ以下のような効果が期待されます。

バストアップ
女性ホルモンの分泌を助け、また、女性ホルモンを似た働きを持つ成分が入っている。
美肌
これも女性ホルモンの分泌を助けた結果、肌も美しく。
生理機能の調節
女性ホルモンの分泌が増えるというよりは、働きを正常に調整します。ホルモンバランス全体が崩れないようにサポートしてくれます。

バストアップサプリは、その成分によって価格もまちまちです。ただ摂取して効果を感じるには1か月から数か月は必要。ですから摂り続けることを前提で考えましょう。

あなたの生活には何がいいのか、どのサプリだったら可能かを検討することが大切です。

バストアップクリーム

バストアップクリームを活用して、胸をふっくらさせましょう。バストアップクリームには以下のような効果が期待されます。

  • バストアップが期待される成分を肌から取り入れられる。
  • バストアップクリームを塗ることでマッサージがしやすくなる。
  • 個人差はあるが、バストアップ効果を実感しやすい。

バストアップクリームを使うには、同時にマッサージが必要ですが、時間にして5~15分程くらいです。クリームの栄養成分とマッサージ効果が重なり、胸がふっくらする感じは得やすいでしょう。バストアップの定着には、毎日の実践で1ヶ月~数か月続けることです。

バストアップクリームも各製品の価格がいろいろです。数か月継続して行うことを考えて、選んでください。

お金をかけて短期間でバストアップするなら、何がいい?

バストアップにお金がかかっても良いから、はやく確実に結果を得たい人におすすめの方法です。

エステでバストアップ

エステサロンのバストアップ メニューを活用してみましょう。

エステサロンに行くことは今はそれほど珍しいことではありません。体験システムなども増え、まずはやってみる価値は十分にあります。

エステに行くことには、以下のようなメリットがあります。

  • バストアップの専門家の指導と施術が受けられる。
  • ほぼ寝ているだけで人にやってもらえる(日々、自分でも気を付けることはありますが)。
  • 自分でやるより短期間でバストアップを実感
  • カウンセリングが充実しているサロンも多く、納得してバストアップに臨める。

エステでは、プロの手にかかってバストアップが叶う日がグッと近くなります。また無料カウンセリングやお得なキャンペーンなども活用できる場合がありますから、上手に活用するとよいでしょう。

エステサロンに行くとなると、当然自分でやるよりは費用がかかります。しかし、それに見合う結果が短期間で期待できるのは大きいですよね。

エステサロンによっても、料金、施術方法、予約の取りやすさ、通いやすさ等々ありますから、比較検討して、納得のサロンを選んでくださいね。まずは相談のみでもOKのサロンも増えていますよ。

美容外科でバストアップ

もう即、バストアップしたいなら美容整形での豊胸術です。豊胸術を受けることには、以下のようなメリットがあります。

  • すぐにバストアップできる。
  • 確実にバストアップの結果が得られる。
  • 生活の中で、自分でバストアップするための時間を取らなくていい。

美容整形に行くとなれば、費用が一番かかります。保険がきかないものもあります。バストアップのために費用を気にしない人には問題ありませんね。

でも実際にクリニックに行こうと思ったら、そのクリニック選びは大事です。事前の相談はしっかりしているか、どんな技術でやるのか、費用の詳細、医師のサポートはあるか、等々をよく検討して決めましょう。

豊胸術にも、短時間なものから時間を要するものまでありますから、相談に行ってみたら思った以上い負担が少ない場合もありますよ。

興味があるなら、まずはぜひリサーチしてみましょう。

良い習慣の継続でバストアップ

今回は、バストアップするために、いまのあなたには何がいいのか、続けられるのかをお伝えしました。

そのポイントに「お金」と「期間」を基準として解説しました。

バストアップには継続が大事です。あなたの生活の一部に、胸を育てていく習慣を無理なく取り入れられるかどうかが重要ですね。「無理」があれば続きませんよ。お金がかかってもそうでなくても、できることは(美容整形を除けば)全部実践することが望ましいですね。

何と言ってもその理由は、バストが垂れてきてからでは回復が大変になるからです。

「やばい!どうしよう!」と気づいてからでは、バストアップには何倍の苦労があります。その前に少しずつでもアプローチしていくと、お手入れしていない人との結果は歴然です。

バストアップは楽しくきれいになっていくものですから、何がいいのかそこを一番に考えて、可能な限りの方法をチョイスして実行してくださいね。

関連記事一覧

テキストのコピーはできません。